先日のツーリングの途中、気が付いたらスピードメーターが動いていなかった。

スピードメーターカーブルが切れたのかと思い、メーターからケーブルを外して中のワイヤーをつまんで回してみると回らないので、スピードメーター本体が壊れたと思い、帰ってからチェックしてみるとスピードメーターギヤのほうが壊れていました。


スピードメーターが動かない原因はこれのようです。

20170514001XL500R.jpg


完全に割れています。


中のギヤを取り出してみると、

20170514002XL500R.jpg

すり減ってギヤの山がほとんど無くなっていました。

スピードメーターの下穴からマイナスドライバーで回すと最初回らなかったが、無理に回すと動くようになったのでメーター側に原因があるのかもしれませんが、その後スムーズに回るようになったのでギヤのほうを交換してしばらく様子見となります。

スピードメーターギヤはストックがあったので交換しました。
ちょうど2年ほど前、XL500R用にサイドBOXの内側の空きスペースを利用してサブBOXをアルミで作りました。

20150429004XL500R.jpg


これは失敗で、荷物を積んでいないときは良かったのですが、キャンプ道具満載だとBOX前下がチェーンと干渉してしまい、お蔵入りとなっていました。

20170430002XL500R.jpg




改造していつか使おうと仕舞ったあったのを、重い腰を上げて少し小さく改造してみました。

高さを3分の2くらいに短縮します。


まずは蓋を外して下部をサンダーで切り取ります。

20170430003XL500R.jpg


底板を切り取り、そのまま利用して溶接しました。

20170430004XL500R.jpg


同じく、蓋もサンダーで切って短縮します。

20170430005XL500R.jpg


耳を折り曲げて溶接して形を整えます。

20170430006XL500R.jpg


残った材料で下側のステーを切り出し、曲げて、穴を開けて、溶接して完成。

20170430007XL500R.jpg


容量が少なくなりましたが、長距離ツーリング時の工具が一式入ります。

20170430008XL500R.jpg


下側のチェーンとのクリアランスも大丈夫でしょう。

20170430009XL500R.jpg

今年もGWはキャンプツーリングの予定なので少し整備しておきました。

去年の12月末XLOC秩父忘年会以来の出動になります。

サイドBOXステー取り付け
ETC取り付け
チェーンオイル給油
タイヤ空気圧補給
エンジンオイル補給

エンジンオイルは前回交換してから6カ月経過しているが、走行距離は500Kmくらいしか走っていないのでGWツーリングから帰ってからの交換にします。

加えて、USB電源ソケットを電圧計付きの新しいものに交換しました。

CB250RSでいつも電源電圧をモニターしているのでXL500Rはどうなっているか知りたかったのです。

ついでにアルミでLアングルを作って100均の時計を取り付けて快適になりました。

20170423001XL500R.jpg


電源ソケットの後ろには電源スイッチも付いているが、キーON回路から電源を取っているのでスイッチの出番はありません。
20170423002XL500R.jpg

車検でノーマルヘッドライトに戻していたXL500R。


またBAJAライトに交換します。

20161211001XL500R.jpg


配線がゴチャゴチャなので整理してヘッドライト交換。

20161211003XL500R.jpg


やはり私のパリダカはこのスタイルです。


ついでにメンテナンスで、最近動きがおかしかったウインカーリレーをチェック。
CB250RSのウインカーリレーに同じものを使っていたので、CBのリレーと交換して動作を確認したところ、やはりリレーが壊れていたようなのでCBのものをそのまま使用します。
CBのリレーはは新たに購入。

ガソリンホースも経年劣化でかなり硬くなっていたので交換。

20161211002XL500R.jpg

2016.11.20 XL500R車検
2年に一度の検査を受けてきました。

20161120001.jpg


自賠責 13640円
重量税 5000円
審査証紙 1300円
検査登録印紙 400円
OCR用紙 20円

事前のライト光軸検査 2160円

合計22520円でした。


今回はノーマルライトで光量が不足気味で検査に時間がかかりましたが何とか一度でクリア。
裏技が必要です。

午後からの検査だからでしょうか、検査ラインはガラガラで係員がずっと付いていてくれ、印字までずべてやってくれました。
バッテリーがダメになってきたので交換しました。

今まで使っていたものと同じものを秋月で購入。
MFで5Ahです。
バッテリー本体1400円+送料500円。

20151018001XL500R.jpg
XL500Rの配線ですが、今はCB250RSZのメインハーネスを使用しています。

CDIの配線が短く、これまではリアサスペンションとタンクの隙間に押し込んでいましたが、あまりいい位置ではないので、バッテリーの横に配置しました。
ハーネス束のビニールテープを少し解き、短い線を延長して、バッテリーの横まで移動しました。
エアクリーナーの上はコネクターだけになり、かなりすっきりしました。

20150913001XL500R.jpg


バッテリーの横にはヒューズとCDI。バッテリーの上にはウインカーリレーがあります。

20150913002XL500R.jpg



北海道ツーリングで約2900Km走ったので、オイル交換です。

20150913003XL500R.jpg



ついでに、少し早いがCB250RSもいっしょにオイル交換しておきます。

20150913004CB250RS.jpg





8月16日
札幌に滞在した後、最終日は小樽から朝10時30分発、新潟行きのフェリーで帰ります。

いよいよ北海道を離れます。

20150906001.jpg


恒例のカモメの餌付け。

20150906002.jpg

塩分たっぷりのスナック菓子ですが、カモメは大丈夫なんですかね?


日本海側は波無く好天です。

20150906003.jpg


フェリーは満員で、予約の段階で2等しか取れなかったので、乗船後すぐに受付でベットのキャンセル待ちをします。

幸い2番目の予約ですぐに、カーテンの仕切りですが、個室に入ることが出来ました。
+6000円ほどの出費ですが、この時期の満員の雑魚寝は辛いので、快適な船旅になりました。


翌日は定刻どおり新潟に到着。外は小雨です。

雨なので合羽を着て関越道を止まることなく一気に走り、今年の北海道ツーリングは終了です。





おまけの写真1

20150906004.jpg

羽幌炭鉱跡

20150906005.jpg

道の両側に3階建てのアパートが立ち並びますが、すでに木に覆われて朽ちています。




おまけの写真2

こんなのでキャンプに来ていました。
20150906006.jpg

20150906007.jpg

エンジンのボルトが尖がっています。
ステップは鳥の足の爪ですね。




おまけの写真3

20150906008.jpg

旧車ファンにはたまらない、なつかしの27トレノ。新車のようにきれいでした。

20150906009.jpg

幅広のオーバーフェンダーもカッコいい。タイヤの引っ張りもすごいですね。
リヤタイヤの溝が残り少なくなったので、夏休みの長距離ツーリングに備えて早めにタイヤ交換です。

XL500Rパリダカには定番のD604。
オンロードのツーリングがメインの走り方なのでブロックパターンのタイヤは使いません。

20150726001XL500R.jpg


まずは、交換がたいへんなほうのリヤタイヤから始めます。

20150726002XL500R.jpg


ホイールを外したときはベアリング、スプロケット、ダンパー、ブレーキなどチェックしておきます。

20150726003XL500R.jpg


リヤタイヤの溝はそろそろ限界に近づいています。

20150726004XL500R.jpg


フロントタイヤは残り40%くらいでまだまだ使えます。

20150726005XL500R.jpg


リヤタイヤは日本製ですが、フロントタイヤはインドネシア製でした。

20150726006XL500R.jpg


ちゃんとした販売店で購入すると両方とも日本性なのかな?。


しかし、この時期のタイヤ交換はきついですね。
汗だくで疲れました。


前回タイヤを交換したのが2013年の6月なので約2年で11000Kmほど走ったことになります。
リヤタイヤの減り具合としてはこんなものでしょうかね。

38251
以前に取り付けたLEDスポットライトの配線をして点灯しました。

LEDスポットライトのスイッチをどうするかと、電源をどこから取るかしばらく考えていたところですが、やっと決まったので配線します。

スイッチは汎用のキルスイッチを用意しました。

20150705001XL500R.jpg


電源はリレーを使用してバッテリーから直接採ることも考えたのですが、LEDライトで30Wなのでポジションライトの配線から電源を採ることにしました。
このXL500RはCB250RSの配線に変えていて配線図を見るとヘッドライト、ポジションライト共に7Aのヒューズが入っています。
ヘッドライトは55Wのハロゲンを右のスイッチを通って点灯しているので、ポジションライトの配線にスイッチを入れてLEDライトを点灯しても電力的には問題ないだろうと思います。
バハライトでポジションランプは無いし、テールランプやインジケータ類もLED化しているので、ポジション系に流れる電流はほとんど無いのです。


点灯するとこんな感じです。

20150705002XL500R.jpg

20150705003XL500R.jpg


レンズカットの無いプロジェクターなので下に向けておかないと相当の眩しさです。