今回は珍しいものを弄っています。

ハーレー883のヘッドのオーバーホール。
圧縮が低めだということでバルブ周りのメンテナンスです。


まずは、バルブを外してヘッドのカーボンを落としてゆきます。

P_20161015_120549.jpg

同時にポート内のカーボンもきれいに落とします。

バルブのあたり面はカーボンを噛みこんでかなり荒れている様子。


バルブにもカーボンが蓄積しているので、カーボンを落としてきれいにします。

P_20161015_121018.jpg

IN側はかなりカーボンが溜まっていて、EX側は焼けて白くなっています。


ボール盤できれいにします。

P_20161015_123125.jpg

P_20161015_124255.jpg

EX側
P_20161015_124317.jpg


IN側
P_20161015_124331.jpg

あたり面はかなり荒れていて、圧縮抜けが心配です。
傘の地肌がザラザラなのはヘッド内面と同じで、磨いてもピカピカにはなりません。


バルブステムシールも交換します。

P_20161015_113634.jpg


右が取り外したバルブステムシール、左側が社外品の新品です。

純正品はゴムのシールの上からバルブシートリング兼用の金属カバーでゴムのシールを固定するようになっています。

対する社外人は金属カバーとゴムのシールが一体整形になっています。



前後バンク共にEX側のゴムシールがなかなか取れません。
外してみるとバルブガイドに固着していました。
P_20161015_113645.jpg


#1000のペーパーで修正しておきます。
P_20161015_114441.jpg


掃除が終わったので、バルブの擦り合わせをしてみます。
擦り合わせをしてもあたり面が出なければシートカットに出さなければなりません。

P_20161015_142015.jpg


粗目、細目と2段階で擦り合わせを行います。


擦り合わせが終わったヘッドとバルブ。
P_20161015_145714.jpg

P_20161015_145648.jpg


少しエクボが残っているがあたり面は意外ときれいになりました。
あたり幅も1.5㎜から2mmとまあまあ。


元通り組んで漏れがなければこれで良しとしましょう。


漏れチェック。
P_20161016_142956.jpg


ヘッドを水平にして灯油を満たして数時間放置し、ポート側に漏れ出てこないかチェックします。

幸いに漏れはなく、バルブの密着は良好でした。



ハーレー883のヘッドは2バルブでバルブが大きいうえ、バルブスプリングも1本しかないので作業が楽ですね。
CRF250の2本出しマフラーをXL250Rパリダカに取り付けできるよう、マフラーの中間パイプを加工しました。

まずは、両者の違いを確認します。

20140815001.jpg


フレーム取り付け部分から前側に、ずいぶん長いですね。
差し込み口の径も2mmほど太くなっています。


さっそく切って繋ぎます。

20140815002.jpg


中間の不要な部分を切り取り、差込口の径も合わせて、オリジナルマフラーと同じ寸法になるように溶接して完成です。

20140815003.jpg
ノーマルキャブに使用するメインジェットを買ったときのレシートです。

20130930001.jpg


ケイヒンの丸大といわれているメインジェットです。
FCRのメインエアジェットと同じ形状ですね。


販売店によって価格が2倍以上違うというのはどういうことですか?


これからはライコランドで買い物するのをやめます。
やっと手に入りました。オークションでもなかなか出てこないかなりのレアものです。

20130226001.jpg

20130226002.jpg

1年位前から手持ちのパーツを集めてCB250RSのキックエンジンを組み立てているのだが、ACジェネレーターがなかなか手に入らず、作業はストップしたまま。
RSZのジェネレーターは持っているのだが、巾が違うのと、取り付けアダプターが必要なため使えない。

現状CB250RSのキックエンジンはかなり玉数が少なくなってきている。
オークションでずっと探していたものがやっと出てきました。
タイトル違いだったため、競合もなく、かなり安く手に入れることが出来ました。


オークションで被害にあわないために書いておきます。
正確にはオークションにXL系も含めて、福岡県からたくさん出品しているものがあるのだが、ここのパーツはほとんど信用できないのでサイドカバーのようなエンジンとしての機能に関係ないものなどであればいいが、エンジンの動作に重要なパーツは避けたほうがいい。以前に被害にあっている。
この出品者も自分で書いてあるとおり、調子のいい使えるエンジンをわざわざ車体から降ろしたりしないでしょう。
各パーツの説明にはキック1、2発で始動する非常に調子のいいエンジンから取り外した物とかかれている。
自分で言っているとおり、そんな調子のいいエンジンからわざわざ部品を取り外すわけがない。壊れて何か問題があったからばらしたんでしょう。
この矛盾はまったく信用できない

XL250RやCB250RSなどの加速ポンプのあるキャブレターはダイヤフラムを交換していないとゴムがカチカチになって、一度分解してそのまま組み込むとガソリンが漏れてくる。

最近はオークションで単体で売っているので購入してみた。


メーカー品を購入すると余計な蓋まで付属していてとても高いが、オクで2625円。

XL250用ということで売っているが、CB250RSも共通部品で互換性があります。
XL250Sには加速ポンプはありません。

20120825001.jpg

エアカットバルブ同じように売っていて、社外品単体で1000円くらいで買えるようです。
最近、バッテリーがものすごく安くなりました。

バッテリーネタが続きますが、また別なバッテリーを購入したので記しておきます。

もちろん、激安バッテリーです。


今回購入したのは1680円で即決価格
しかし、送料が1500円
代引きオンリーで420円
合計3600円でした。


まあ、性能に問題はないのと、安いことには安いのですが、価格に騙されました。


他のものをよく見てみると、即決価格2460円と少し高いが、送料が735円。
代金も振り込みができるので、210円で済みます。
合計で3410円。
細かいことですが、さらに安い物があったということです。

電装品などでも1円で出品している物をよく見かけるが、そういうものは送料が高く、送料で利益を上げているようです。

同じ首都圏内でバッテリーの送料が1500円なんてありえないですもんね。
640円のはず。

次回はよく比較検討しよう。

以前にXL250Rパリダカで使用していたCB250RSエンジン。

20111023001.jpg

エンジン単体で購入してまあまあ調子のいいエンジンだったが、ヘッドから多少カタカタ音がしていたのでヘッドのオーバーホールをした。

カタカタ異音の原因はロッカーアームスリッパー面の荒れ。
ほんの少しだけ浅く削れているところがありました。

ロッカーアームを外して、当たり面をオイルストーンで研磨し、新品のような面になりました。
オイル漏れ対策として、当然ロッカーアームシャフトのOリングも交換。
ヘッドのねじ山も浮いているところがあったのでリコイルで修理。

ついでに、
燃焼室カーボン除去
バルブ鏡面処理
バルブすり合わせ
ポート研磨
と、ひととおりやっておきました。

バルブの当たり面や、当たり巾も問題なくよい状態。

ポートは径を広げるのではなく、段差や鋳造時のデコボコをきれいに削り、空気の流れがスムーズになるよう研磨。

特製エンジンベンチに載せて始動を確認。
電装回路はエンジン始動に最低限必要なシンプルなもの。当然バッテリーもいらない。


静かでいいエンジンです。回転がとても滑らか。


さて、このエンジン、どう活用しましょうか?