M6用で12mm厚のカラー4個が必要になったので購入しようと思ったのですが、市販品は10mmの次は15mmで希望のサイズがありません。

15mm厚を購入して12mmに削ってもよかったんですが、金額的に合わないので1mの丸棒を買いました。

20170221001.jpg

モノタロウで1285円です。


旋盤で6.5mmの穴を開けて長さ12mmで4個切ります。

20170221002.jpg


単価は約20円でした。

20170221003.jpg

ベアリングプーラーでベアリングを抜いてみました。

これは便利!


20160214001.jpg



スルスルとベアリングが抜けてきます。

もう、以前のようにアンカーなんて使っていられないですね。
しばらく更新をサボっていると広告が出てしまいました。


バイクを何もいじっていないわけではないんですが、かなり期間が空いてしまいましたね。



さて、ホイールベアリングンを交換するのに、新たに「ベアリングプーラー」を導入しました。

20151228001.jpg


いままでは、ホームセンターで売っている「アンカー」で何とかベアリングを外していましたが、かなりコツが必要で大変だった。
これがあれば簡単にベアリングを外せます。

昔からある一流メーカーのものは高くて買えませんが、ヤフオクで安く買えました。
2015.01.12 工作
皆様、今年もよろしくお願いいたします。


今年の初めの工作です。

5mmのカラーが必要となり、バイク用品店に買いに行ったが、希望のサイズがなかったので作りました。

本来は丸棒を旋盤で削ってカラーを作るところですが、5mm厚と薄いものなので、板からパンチで抜きました。


5mmのアルミ板です。

20150112001.jpg


M8の穴で外形22mmのカラーが必要なので、まずはφ9の穴を開けます。

20150112002.jpg


同じ場所で22mmのパンチで抜くと希望のカラーが出来上がり。

20150112003.jpg


パンチで抜いたものはどうしても形が崩れるので、形を整えて完成です。

20150112004.jpg
古い車のジャッキを使って作ってみました。

20130609001.jpg


材料をアングルと角パイプから切り出します。

20130609002.jpg

回転部分は回しやすいようにナットを付けます。
ボルトにナットを溶接して高ナットのようにしています。

溶接して完成。
20130609003.jpg

20130609004.jpg

これがあるとセンタースタンドのないバイクにはとっても便利ですね。
余っていたアルミ片からカラーを作ってみた。


丸棒ではないので先にボール盤で穴を開け、ボルトを通してから外形を旋盤で削る。

20120311001.jpg


バイトのチップがあまり良くないのできれいには削れませんね。

20120311002.jpg

20120311003.jpg

鉄のカラーの削り面はこんな感じ。

20120311004.jpg

チップの性格で、鉄のほうがきれいに削れます。

腕にも問題があるようで、もっと鍛錬しないといけません。
チップはミニ旋盤用のわけのわからない安物なので、次のバイトは手配中。

精度には問題がないのでとりあえづ、使える、といったところでしょう。
最近寒くてバイクを弄っていないなと思ったら、去年からこんなものを作っている。

20110217001.jpg

以前からの構想で去年の秋ころから部品を集め、鉄をきったり削ったり穴を開けたりとなかなか大変だったが、やっと形になり、とりあえず削りだけなら何とか使えそう。

ベッドは5mmのアングルに110mmのチャック、モーターはボール盤からの流用。
バイトはミニ旋盤用の8mm。

芯の振れは100分の2mmに納まり実用レベル。

20110217002.jpg


エアコンプレッサー。

サンドブラスト中に突然カラカラと金属の打音が出て壊れたようです。
中で何かが外れて踊っているような感じ。

20111114001.jpg


中をあけて確認したところ、クランクシャフトのベアリングが外れていた。

20111114002.jpg

ベアリングが右側に移動して外れそうになっているところ。
本来はベアリングがコンロッドの中に入っているはず。

圧入部分がが緩くてベアリングが移動したと思い、ベアリングを奥まで挿入したところ、シャフトに溝があるではないですか。

20111114003.jpg


この溝にはベアリングの抜け防止のためのサークリップが入っているはず。
このサークリップが無いためにベアリングが抜けてきたようだ。
ケースの中を探しても外れたサークリップのようなものは見当たりません。

ということは最初から着いてなかったようです。
組み立て時の付け忘れのようですね。

近くのホームセンターで16mmのサークリップを購入して組みなおして修理完了です。