CB250RSにハザードを付けました。

先ずは、ハザードボタンが付いている左ハンドルスイッチを手に入れます。

入手したのはスズキ車の最近の物。


分解してハザードスイッチの機能と回路を確認します。

20180602001CB250RS.jpg



ハザードの機能は一番単純な、ダイオードを使用しハザードスイッチから左右のウインカー回路に割り込ませます。

ハザードの回路はネットでたくさん出回っていますのでそちらを参照してください。


ハザードスイッチにダイオードを取り付けたところ。

20180602002CB250RS.jpg



その他すべての配線を確認してハンドルに取り付けました。

20180602003CB250RS.jpg




CB250RSとDR650RSのヘッドライトバルブをLEDに交換します。

20180414001CB250RS.jpg



Amazonで2個3000円です。

ハロゲンバルブと差し替えるだけですので、交換は非常に簡単です。

20180414002CB250RS.jpg



とても明るくなりました。
CB250RSもオイル交換です。

こっちはそこそこ走っているので、オイルは黒くなっています。

20180401001CB250RS.jpg



20180401002CB250RS.jpg

CB250RSのカーボンマフラーは出来ましたが、代わりにサイドスタンドに問題が発生しました。

20180310001CB250RS.jpg



本来であればマフラーの真横まで跳ね上がってくるのですが、パイプの張り出しが大きくて途中で引っかかってしまいます。

とりあえずの処置として、上まで上がらないようにスタンドの根元にストッパーを溶接してパイプにぶつからないようにしていましたが、このままではカッコ悪いのでサイドスタンドを作り替えます。


作り替えるにしてもゼロから作るのは大変なので純正部品を改造します。
オリジナルのサイドスタンドは仕様変更の時に必要なので、同じものをヤフオクで調達します。

古いものなので、きれいな良品は無いのが当たり前なので一番安いものを100円でゲット。

20180310002CB250RS.jpg



出品の写真ではもっときれいに見えていたが、予想通り、錆でボロボロですが、根元の部分だけを使用するので問題ありません。

切り取った部分に同じ径のパイプを溶接して作り替えます。

20180310003CB250RS.jpg



エキパイのカーブに合わせてパイプを曲げて溶接します。

20180310004CB250RS.jpg



スプリング用のフックも切り取って溶接し、長さを合わせて底の板も溶接し、錆を落として表面を仕上げて出来上がり。

20180310005CB250RS.jpg



塗装しました。

20180310006CB250RS.jpg



車体に取り付けると

20180310007CB250RS.jpg

20180310008CB250RS.jpg

20180310009CB250RS.jpg



いい感じに着きました。

マフラーのアップデートです。

これを使ってツインテールマフラーを作ります。

20180303001CB250S.jpg


ドカティ―用のレオビンチSBK。
カーボンでとても軽くできています。


このマフラーに合わせるのは、いつものようにSRX600キックのステンレスのエキパイを使います。

20180303002CB250RS.jpg


FT500エンジンに流用するエキパイとしては定番になりました。


そのままではエキパイのカーブがエンジンの前傾角度と合ないので、前回はいったん切って角度を合わせて溶接しましたが、今回はバーナーで炙って曲げてみます。

20180303003CB250RS.jpg



ちょうどいい具合に曲げることができましたのでもう一本も同じように曲げます。

20180303004CB250RS.jpg



車体に取り付けて曲がり具合を確認して、マフラーとの中間パイプを溶接して合わせます。

20180303005CB250RS.jpg



SRX600のエキパイ外径は32㎜、マフラー側の外径は45㎜なので、まずは変換パイプを溶接します。

20180303006CB250RS.jpg

20180303007CB250RS.jpg



エキパイ側にも32㎜のパイプを溶接してスムージング。

20180303008CB250RS.jpg

20180303009CB250RS.jpg


既に印がつけてありますが、これから曲げて出口の角度をマフラーと合わせます。

20180303010CB250RS.jpg


ここから更に曲げながらマフラー側とピッタリと合わせます。

20180303011CB250RS.jpg



マフラー側のステーも仮付けしてマフラーを固定してマフラーの角度や向きを合わせておきます。

20180303012CB250RS.jpg



何度も着けたり、外したりして、すり合わせします。

マフラー作りではこの作業が一番大変な作業になります。
削りすぎて短くなってしまうとやり直しになるし、エキパイ側とマフラー側がピッタリと合わないと溶接がうまくできないからです。


何度も何度もすり合わせをし、ピッタリと合わせました。

20180303013CB250RS.jpg


まだ溶接はしていません。
この右側の上下左右の角度に合わせ、これから左側も合わせていきます。


また何度も着けたり外したりを繰り返し、左側もピッタリと合わせました。

20180303014CB250RS.jpg



この状態で仮付けして溶接し、スムージングしてエキパイはできました。

20180303015CB250RS.jpg



フランジもステンレスで作ってあります。


マフラーのステーもパイプで作って塗装して完成です。

20180303016CB250RS.jpg

20180303017CB250RS.jpg

20180303018CB250RS.jpg
フロントブレーキ一式を交換しました。


マスターはニッシンのラジアル。

20180210001CB250RS.jpg


キャリパーはブレンボ。

20180210002CB250RS.jpg


前回はキャリパーサポートをフライス盤で削りだして作ったのですが、CB250RSはフロント回りがVTR250なのでブレンボ用のキャリパーサポートを購入。

ACTIVE1471007S

20180210003CB250RS.jpg


VTR250用は無いので流用できそうなものを探すと、同年代のCB400SF用が使えるようなので右側を使います。

いままで使っていたニッシンのキャリパーとそんなに変わらないですが、ブランド力は違いますね。

20180210004CB250RS.jpg



付属のシムでセンターを調整して取り付け。

20180210006CB250RS.jpg



エア抜きをしてセットアップ終了です。
ニッシンのラジアルマスターはシリンダー上側からエアを抜きます。

ラインのエアが抜けたらキャリパー側からもエアを抜きます。

20180210005CB250RS.jpg


細かいエアが残るので後日、もう一度エア抜きをしておきます。


まだディスクとパッドとのあたりが付いていないのですが、制動能力の面ではほとんど違いはありません。

ラジアルマスターでレバーを握ったときのタッチがとてもよくなり、よりコントローラブルになりました。
去年のツーリングで拾ったリヤタイヤの釘。

P_20170918_115819.jpg



少しづつ空気が抜けるので修理することにしました。


釘を抜いてみると、こんなに長いのが刺さっていました。

20180120001CB250RS.jpg



パンク修理キットはアマゾンで購入。

20180120002CB250RS.jpg


余分な部分を切り取れば修理完了です。

20180120003CB250RS.jpg

CB250RSに最近流行りのシーケンシャルウインカーを付けてみました。

車ではよく見かけるようになりましたが、バイクではまだまだ少ないですね。






車検は大丈夫かな?
北海道ツーリングから帰ってからの話。

ガレージの中がガソリン臭い。



いつもタンクのガソリンコックはOFFにしてあるのにおかしい?
と思ったら、CB250RSのエンジン、クランクケースの上にガソリンが溜まっていた。

ガソリン漏れです。

よく調べてみるとガソリンタンクとエンジンが干渉してタンクに穴が開いたよう。

FT500エンジンに換装した時から、エンジンとガソリンタンクが少し干渉していることは、タンクに伝わる振動でわかっていたのですが当たり所が悪かったようです。

20171003001CB250RS.jpg


少しわかりづらいのですが、ボルトの頭の形にタンクが削れています。

ヘッドボルトの頭も少し削れています。


ボルトの頭の角がエンジンの始動で少しずつタンクを削っていったようです。



溶接で穴を塞ぐのですが、その前にハンマーで叩いて干渉が無いように更に凹ませてからtigで溶接して穴を塞ぎました。


20171003002CB250RS.jpg



ガソリンタンクを溶接するときは中のガソリンを抜いてエアで内部を充分乾燥させないと爆発の危険があるので注意が必要です。


タンクの裏側にはウレタンクリヤーを塗っていないのでガソリンで塗装がボロボロになってしまいました。

塗装の剥がれるところは全て剥がして再度塗装して修理完了です。
先日のXLOCツーリングの帰り道、休憩中にリヤタイヤに光るものが...

北海道ツーリング前までは無かったはずですが、いつ拾ったのか?

P_20170918_115819.jpg



今のところ空気は抜けないので、そのうち修理しましょう。