2017.09.14 高峰温泉
9月9日、10日の土日にXLOCのOFF会で別所温泉まで行ってきました。

OFF会の様子は他のメンバーのブログを参照していただくとして、今回は途中で立ち寄った温泉の紹介をしましょう。



別所温泉では何度かOFF会があり、何度も温泉に入っているので、この日は途中の「高峰温泉」に行きます。

浅間山のすぐ隣の高原のランプの宿です。

P_20170909_132815.jpg



露天風呂は宿泊客専用で内湯しか入れませんでしたが、白濁の硫黄泉は貸し切り状態でとても気持ちよく入ることができました。

P_20170909_134643.jpg



冬は専用の雪上車でしか行くことができません。
スキー場のコースの真ん中を道路が横切っています。


2000mの高度まで一気に登ってくるので頂上付近では上田方面の絶景が楽しめます。

P_20170909_141851.jpg



OFF会の次の日の帰り道、道の駅で旧車のイベントをやっていました。

P_20170910_102139.jpg


P_20170910_104140.jpg

青森は朝7時ころ出発。

この日は秋田のXL仲間のMさんのお世話になる予定です。

鯵ヶ沢に出て日本海側を南下します。
久しぶりの晴れのなか、海岸線を走るのはとても気持ちがいいものです。


千畳敷

P_20170819_091243.jpg



さらに南下し黄金崎不老不死温泉に入ります。

P_20170819_114136.jpg


P_20170819_100742.jpg


2度目の訪問になりますが、前回来たのは12年ほど前のこと。
今回は晴天で海の波も穏やかでとても気持ちがよかったです。

お風呂は12年前と何も変わっていません。この先もずっとこのままであってほしいものです。


その後秋田のMさんと合流し、大潟村の北緯40度と東経140度の交会点まで大潟村の真ん中を走ります。

P_20170819_142422.jpg


寒風山からは秋田の地形がよくわかる展望が開けます。

P_20170819_150216.jpg


秋田名物、ババヒラアイス。

DSCF5612.jpg



夜は居酒屋ですが、鎌倉の中で秋田名物「きりたんぽ鍋」と「なまはげ」が歓迎してくれました。

DSCF5615.jpg


20170819001.jpg


Mさん、いろいろとお世話になりありがとうございました。



次の日は家に帰るだけですが、途中の鳥海山を走ろうと思っていたところ、晴天ですが山の上は雲に覆われているので今回はスルーして新潟の村上から高速で帰りました。

走行距離3216Km
大間崎の公園にはライダーが6名ほどテントを張っていました。


P_20170818_065422.jpg


夜は風と波の音、漁船のエンジン音でなかなかにぎやかな所ですが、施設が充実していて無料なので人気のキャンプ場です。

車中はこの方もたくさん居ました。

P_20170818_081414.jpg



ガソリンが少ないので朝ガソリンスタンドが開くのを待って、仏ヶ浦を目指して8時ころ出発します。


天気は曇り晴れで海岸線がきれいです。

しばらく走り仏ヶ浦に到着。
一度は訪れてみたいとずっと思っていたが、遠くてなかなか来られないので晴れているときに来られて良かった。

P_20170818_095752_HDR.jpg

P_20170818_095907.jpg



駐車場からはけっこうな距離を歩くので帰り道の登りは辛いものがあります。



仏ヶ浦を出た後は、むつ市を経由して尻屋崎に向かいます。

途中ところどころ雨でしたが、尻屋崎は降っていません。

先端は放牧地でゲートがあります。ゲートの中に入るとすぐに寒立馬が迎えてくれます。

P_20170818_124807.jpg


道路の真ん中に普通に居て車の通行を妨げます。

P_20170818_124703.jpg



白亜の灯台。

P_20170818_130221.jpg


こちらも本州最果ての地でなかなか来ることができないので今年は良いツーリングとなりました。



この日は青森も天気が悪いので青森市内のビジネスホテル泊としました。

夜の食事。特大のホッケです。

P_20170818_194538.jpg

帰りの予定で、そろそろ南下することになるのですが道南エリアは雨。
晴れているのは道北方面です。

これから道北へ向かうと予定通り帰れなくなるので、雨エリアを一気に通過してこの日は青森の大間まで行くことにしました。

ほとんど行くことがないエリアですが、通り道なので美瑛エリアに立ち寄ります。

P_20170817_075708.jpg



この後は、旭川、岩見沢、苫小牧、室蘭を経由して函館まで走りました。
ところどころ雨です。

函館には19時ころ到着し、キャンセル待ちもなく大間行きのフェリーにはすぐに乗ることができました。



大間には21時過ぎに到着。雨は降っていません。

フェリーを降り、そのまま大間崎の公園でテントを張り、疲れているのですぐに就寝です。
天気の悪い北海道ですが、スマホの天気予報を頼りに晴れエリアへ向かいます。

北海道まで自走でさんざん走っているのでこの日は短い移動にして富良野まで走りました。

到着したのは上富良野日の出公園。
ここは人気のキャンプ場でライダーたちで溢れかえっていましたが、広い公園のキャンプ場なので場所を選べば快適に過ごせます。
駐車場の近くは激混みです。

P_20170816_170444.jpg


バイク用駐車場もいっぱい。

P_20170817_062130.jpg


荷物を運ぶ手間はかかりますが、いい場所を見つけました。

駐車場近く以外はほとんど傾斜地ですが高台の平坦地。

P_20170816_170737.jpg



お風呂は「吹上温泉 白銀荘」で。

P_20170816_160939.jpg


すぐ隣の吹上温泉無料の露天風呂は駐車場に車がいっぱいでした。


今年は仕事の都合でまったく予定が立てられなかったのだが、急遽8月11日から20日までの10連休となりました。

こんなに長い休みがあると当然北海道ツーリングとなります。

フェリーなど予約が無いので自走で行くことになりました。
愛車はCB500RSです。

いそいそと荷物の用意をして11日の昼に出発し、高速をひたすら走り青森には翌日の午前2時着。

函館行きの津軽海峡フェリーはキャンセル待ちで到着直後の1本を見送り、次の便の7:40発に乗ることができました。

北海道は全域雨のようなのでこの日はどこにも寄らずに札幌まで直行しました。約6時間の道のりです。



今年の北海道は天候不順で寒い夏です。


夕張のシューパロダム

P_20170815_081755.jpg


P_20170815_081809.jpg



出来たばかりのダムですが水位が少なく、昔の道路が出てきたということです。

お盆も過ぎているので訪れる観光客は少なく、静粛の世界でした。



次に訪れたのは日勝峠を超えて帯広の十勝牧場。

日勝峠は去年からずっと通行止めですが、高速を無料で通行できます。

P_20170815_115611.jpg


白樺並木が続きます。



この日は晩成温泉でキャンプ。

P_20170815_171145.jpg

6月10日 内山牧場キャンプ場でキャンプしてきました。

自宅からキャンプ場までは約4時間の走行です。

途中、「八千代温泉 芹の湯」に立ち寄ります。
田舎の素朴な温泉という感じで、湯船に入るとアルカリ系のお湯でツルツルになります。

R254は内山トンネルが工事で通行止めでしたが、峠の旧道は通行可能でキャンプ場まで行くことができました。

20170611001XL500R.jpg


荒船山が見えるテントサイト。

山の頂上の天空のキャンプ場で周りに景色を遮るものはありません。

当日は非常に風が強くテントが飛ばされそうで久しぶりに張り縄で風対策をしました。
暗くなってくると霧が出て雲の中に突入した感じでパラパラと雨も降ってきます。

20170611002XL500R.jpg



夜は炭火でバーベキュー。

20170611003XL500R.jpg


いつもの炭火台が活躍します。



今回は折り畳み式のマットを購入してみました。
アマゾンで1970円と非常にリーズナブルです。

20170611004XL500R.jpg


以前使っていた銀マットとの比較。

畳んだ時の大きさは銀マットより少しおおきいくらい。


20170611005XL500R.jpg


凹凸が厚さを増して寝心地が良くなっています。

畳んだ時はこの凹凸が嚙み合ってコンパクトに折り畳めるという仕組みです。

最近はインフレーター式のマットを使っていましたがこれからはこちらがメインになりそうです。



走行距離 約308キロ

20170611006XL500R.jpg

紅葉の時期となり秩父方面へツーリングに行ってきました。


道の駅芦ヶ久保の紅葉。

20161113001.jpg


ここでXLOCメンバーのKさん、Gさんと合流。

20161113002.jpg


道の駅芦ヶ久保は車とバイクで溢れていました。



激混みの道の駅を後にし、天空のおやきを食べに皆野町の山を登ります。

20161113003.jpg


たらし焼きを美味しくいただきました。



次に訪れたのは、札所1番の四萬部寺。

20161113004.jpg


20161113005.jpg


まだ少し早いようですが、きれいな紅葉が見られました。

20161113006.jpg


その後、遅いランチでラーメンを食べて解散。
行き帰りの途中の気温は14度くらいで寒いツーリングでした。

ご案内してくださったKさん、Gさん、ありがとうございました。
野付の尾袋沼ふれあいキャンプ場です。

晴れていれば、きっと素晴らしいキャンプ場だと思いますが、この日は朝までずっと雨でした。

北海道の湖のキャンプ場にありがちな、蚊も大量に発生しています。
安心して外にはいられません。
雨に続いて蚊の攻撃もあり早々にテントに逃げ込み就寝となりました。

20160917001.jpg



最終日

この日も朝から雨なので釧路、帯広を経由して札幌まで一気に走り、札幌で一泊します。

帯広で雨は上がりました、まだところどころ雨が降っているのでカッパは着たまま。
雨なので写真もありません。



札幌で一泊し、翌朝10時30分小樽発新潟行きのフェリーで帰途につきます。
札幌から小樽までの道中も雨降りでした。

雨の中フェリーに乗り込み今年の北海道ツーリングも終了です。

20160917002.jpg


翌朝の新潟はいい天気でした。そして暑い。

20160917003.jpg


雨の中を走ったのでここでチェーンにオイルを給油して東京まで帰りました。

走行距離2350Km
宗谷丘陵を堪能した後はオホーツク海側を南下して次の目的地に向かいます。


エサヌカ線

20160903001.jpg



今年は天気のいい日に走れてラッキーでした。

きれいな牧草地です。
20160903002.jpg


動画もご覧ください。




エサヌカ線を堪能した後は、国道238を南下して網走、斜里を通過して野付へ向かいます。

途中の神威岬で休憩中に整備不良を発見。

20160903003.jpg

20160903004.jpg

ステッププレートのボルトが1本ありません。

出発前の写真を見るとボルトは付いているので、ここまで来る途中に緩んで脱落したようです。

幸いちょうどいいサイズのボルトを予備で持っていたので予備のボルトを取り付けて事なきを得ました。



昼食は道の駅マリーンアイランド岡島でいくら丼。
20160903005.jpg

1500円と、良心的な値段でした。


斜里まではずっと晴れていたのですが、244根北峠は黒い雲がかかって雨が降っているようです。
スマホのデータがダメなので先の天気の確認ができません。

天気がわかれば斜里でキャンプをしていたところですが、先へ進みます。

以降、太平洋側は翌日もずっと雨で、失敗でした。


尾袋沼ふれあいキャンプ場で最後のキャンプですが、朝まで雨でした。

20160903006.jpg