ハーネスをCB250RSZのものに交換し、車体とエンジンに合わせて調整します。

電装品の位置はCB2520RSZと同じところに配置。

20131110001.jpg

20131110002.jpg

XL500Rはエンジンの上にすべての電装品があったが、右はレギュレーター、左はコイルだけ。
どちらもCB250RSZのものは大きく、アルミでステーを作製して装着。


20131110003.jpg

その他の物はバッテリーのあった場所に配置。
なんとかきれいに治まりました。


左右のスイッチ。
20131110005.jpg

20131110006.jpg

電装がほぼ完了したのでさっそくエンジンを始動。



ちょっと調子が悪いですね。
排気漏れもありますが、もともとエンジン自体は問題ないのでCDIが怪しいか?
左右のスイッチはCB1000の物を使用します。

配線図と現物をを比較しながら配線を入れ替え、CB250RSのハーネスに合わせます。

20131104001.jpg

20131104002.jpg