CB250RSのブローバーガスはダイレクトに大気放出し、ブリーザーパイプはエンジンの後ろから下に向いて排出している。
そのため、駐車中にはブリーザーパイプに付着したオイルが滴り落ちるのです。

20140831001.jpg


1980年当時は何の規制もなかったんですね。
車ではブローバイガス還元は当たり前だったようですが、バイクは排気音量とともに規制が少なかったようです。

XL250Sのサービスマニュアルを見ると、こちらもガスは大気放出だが、途中で2本に分かれてセパレーターの構造にし、ガスは上に向かって排出し、オイルは下のパイプに溜まるようになっているので漏れはない。

XL250Rからはオイルセパレーターが着き、ブローバイガスはエアクリーナーへ還元するようになっている。


そこで、ブローバイガスオイル漏れ対策としてオイルセパレーターを付けることにした。
一般的には、オイルキャッチタンクなどとして売られているようなものだ。

高級なものはいらないのでヤフオクで送料など考慮しながら格安なものを探します。

入手したのはVT250のオイルセパレーター。

20140831002.jpg


ブリーザーパイプも一式付いているので、そのまま使うことにします。

CB250RSのエアクリーナーBOXにブリーザーパイプを付けるようなめくら蓋があったのでその穴から下向きにオイル溜まりのパイプを出して取り付け。

20140831003.jpg


排出ガスはキャブのすぐ近くに向けて、少しですが還元するように配置しました。
ちょっと気になっていたのでXL500R用に買ってみました。

20140827001.jpg


ヤフオクに出ているキャブオーバーホールリペアセット。

これは超お買い得です。
純正パーツのパッキンセットより安いうえに、メインジェット、スロージェット、ニードル、フローとバルブ、パイロットスクリューなど、必要なものはほとんど含まれています。

メインジェットは京浜のマークが入った純正品ですが、他は不明。

これだけ入っていて2200円(XL500用)は本当に安い。
いつまでもあるわけではないと思うので、XLの人は買っておいて損はないと思います。
CRF250の2本出しマフラーをXL250Rパリダカに取り付けできるよう、マフラーの中間パイプを加工しました。

まずは、両者の違いを確認します。

20140815001.jpg


フレーム取り付け部分から前側に、ずいぶん長いですね。
差し込み口の径も2mmほど太くなっています。


さっそく切って繋ぎます。

20140815002.jpg


中間の不要な部分を切り取り、差込口の径も合わせて、オリジナルマフラーと同じ寸法になるように溶接して完成です。

20140815003.jpg
クラッチワイヤーを以前に購入した純正パーツに交換しました。

20140809001.jpg

外した古いほうのクラッチワイヤーは2箇所に折れ曲がったところがあり、ちょっと不安だったので切れる前に交換です。

もちろん、新品の取り付け前にはワイヤーにオイルを注しておきます。

ワイヤー切れがないように新品に交換したのですが、出先でもしものことがあってもいいように、外した古いほうのクラッチワイヤーはフレームに縛り付けておきます。

20140809002.jpg

20140809003.jpg

予備のワイヤーがあると安心ですから、そのうちアクセルワイヤーも交換してフレームに付けておきましょう。


ついでに、バッテリーのメンテナンス。

メンテナンスといっても液の補充だけです。

20140809004.jpg


CB、XL共にバッテリー液は減りが早いので定期的な点検は欠かせません。

購入が2012年8月18日となっていますので、当初の目標どおり、ちょうど2年間使えたわけですね。

中華製、激安バッテリーとしては充分なコストパフォーマンスです。
全然弱っていないのでまだまだ使えそう。
土、日で長野方面へ、キャンプツーリングに行ってきました。

相変わらずの猛暑ですが、まずは温泉へ。

20140804001.jpg


松代温泉(加賀井温泉)、一陽館。

レトロな雰囲気がいいですね。


源泉

20140804002.jpg


30分に一度あふれてくるそうです。
温泉の成分が濃すぎて石鹸は泡立たないので使えません。


山の中でキャンプ。

20140804003.jpg


帰りは渋峠を経由して草津方面に下ります。

20140804004.jpg

国道最高地点は残念ながら霧でした。
気温15度で、寒かった。


志賀草津道路は火山ガスの影響で、先日まで通行止めでしたが、現在は昼間だけ通行可です。
途中のビューポイントは全面駐車禁止。

走行距離625キロ。