CB250RSもオイル交換です。

20150228001CB250RS.jpg


あとは、自賠責の手続きを済ませれば、いつでも乗り出せます。
37038Km

CB250RSがやってきてから2年間で約11000Kmの走行。
今のオーバーホール済みエンジンになってからは5336Kmの走行です。
冬眠中のCB250RSだが、FCRキャブレターに続いて、前後ブレーキのメンテナンスをしておきます。

前ブレーキはダストでかなり汚れていたので、サポートから取り外してきれいに洗います。
オイルラインは付けたままです。

20150222001CB250RS.jpg


ワンオフのキャリパーサポートも汚れを落として磨いておきます。

20150222002CB250RS.jpg


同時にピストンもひとつづつ揉み出して、きれいに磨いておきます。

20150222003CB250RS.jpg


ブレーキパッドは去年の春に交換したが、1/3くらい減っています。
安ものだから減りが早いのかな?
更に段付ができていて、外側がディスクから少し外れているようです。
組みつけの際に調整しておきましょう。

20150222004CB250RS.jpg


組み付けは、キャリパーサポート、キャリパー共にホイール中心に近くなるように遊びを詰めて取り付けました。
これでもう少し外側までブレーキパッドがあたるようになります。


リアブレーキも基本同じ作業をします。

ブレーキパッドはデイトナの赤。

20150222005CB250RS.jpg


これは良く効きます。
リアブレーキはほとんど使わないのであまり減っていませんでした。
去年の11月から冬眠中のCB250RSだが、そろそろバイクシーズンも近くなってきたのでちゃんと整備しておきましょう。

FCRキャブレターの分解掃除です。

冬眠前にしっかりガソリンを抜いてあったので、内部の状態は良好。

20150211001CB250RS.jpg


ゴムパーツのヘタリも無く、再使用可能な状態です。
外観の汚れている部分を掃除して、組み上げれば即使用可能な状態です。

これがFCRの浮動バルブ。
浮動バルブも減りなど無く状態は良好でした。

アイドリングでカタカタ音が出るのは内部でこれが踊っているからです。

20150211002CB250RS.jpg
半年に一度のオイル交換です。

オイルはいつものホンダG2.

20150208001XL500R.jpg


持病が発生しました。

デコンプシャフトからのオイル漏れです。

20150208002XL500R.jpg

前回の続きで蓋を作りました。

箱と同じ2mmのアルミ板から、4辺を曲げて、角を溶接。


20150201001.jpg

蝶番と留め具を用意します。