リヤタイヤの溝が残り少なくなったので、夏休みの長距離ツーリングに備えて早めにタイヤ交換です。

XL500Rパリダカには定番のD604。
オンロードのツーリングがメインの走り方なのでブロックパターンのタイヤは使いません。

20150726001XL500R.jpg


まずは、交換がたいへんなほうのリヤタイヤから始めます。

20150726002XL500R.jpg


ホイールを外したときはベアリング、スプロケット、ダンパー、ブレーキなどチェックしておきます。

20150726003XL500R.jpg


リヤタイヤの溝はそろそろ限界に近づいています。

20150726004XL500R.jpg


フロントタイヤは残り40%くらいでまだまだ使えます。

20150726005XL500R.jpg


リヤタイヤは日本製ですが、フロントタイヤはインドネシア製でした。

20150726006XL500R.jpg


ちゃんとした販売店で購入すると両方とも日本性なのかな?。


しかし、この時期のタイヤ交換はきついですね。
汗だくで疲れました。


前回タイヤを交換したのが2013年の6月なので約2年で11000Kmほど走ったことになります。
リヤタイヤの減り具合としてはこんなものでしょうかね。

38251
7月19日と20日にXLオーナーズクラブのキャンプツーリングに行ってきました。

いつも利用している千曲市の「大池市民の森キャンプ場」です。
詳しい内容は他の方のブログを参照していただくとして、早めに着いて近くを散策しました。

まずここはインパクトのある姨捨という地名。
駅名も「姨捨」です。
昔は本当に捨てたんでしょうか?


山の展望所で休憩です。

20150725001XL500R.jpg


少し山を下って観光客のほとんど来ないところ。

20150725002XL500R.jpg


姨捨の棚田。

20150725003XL500R.jpg

車では入ってこられないところです。

姨捨ICの上のほうにも棚田がありますが、このあたりは複雑な地形に沿って棚田が広がります。


今回は日帰り組を含めて12名の参加でした。

20150725004XL500R.jpg
以前に取り付けたLEDスポットライトの配線をして点灯しました。

LEDスポットライトのスイッチをどうするかと、電源をどこから取るかしばらく考えていたところですが、やっと決まったので配線します。

スイッチは汎用のキルスイッチを用意しました。

20150705001XL500R.jpg


電源はリレーを使用してバッテリーから直接採ることも考えたのですが、LEDライトで30Wなのでポジションライトの配線から電源を採ることにしました。
このXL500RはCB250RSの配線に変えていて配線図を見るとヘッドライト、ポジションライト共に7Aのヒューズが入っています。
ヘッドライトは55Wのハロゲンを右のスイッチを通って点灯しているので、ポジションライトの配線にスイッチを入れてLEDライトを点灯しても電力的には問題ないだろうと思います。
バハライトでポジションランプは無いし、テールランプやインジケータ類もLED化しているので、ポジション系に流れる電流はほとんど無いのです。


点灯するとこんな感じです。

20150705002XL500R.jpg

20150705003XL500R.jpg


レンズカットの無いプロジェクターなので下に向けておかないと相当の眩しさです。