結局天候は回復しませんでした。山の方は霧の中です。

今日は札幌へ移動してツーリングは終わりです。

キャンプ場を出て日本海側に向かいますが、リバーサイドキャンプ場を出たときと同じく、次第に晴れてきました。

初山別の天文台


日本海側を南下すると暑くなってきました。

道の駅小平のニシン番屋で昼食です。



刺身定食1000円って、安過ぎ。


留萌はこんなに天気でした。

今日も天候は変わらず。
オホーツク海側、山、共に霧の中です。

霧の中を走っても仕方がないので、今日もクッチャロ湖キャンプ場でノンビリ過ごしました。



今日はほとんど走っていないので食事の紹介でもしておきましょう。

ここは浜頓別ということもあり、帆立の街です。

ということで、今日は帆立の刺身と、いくら丼です。



相変わらず天気が良くないです。
山は霧の中なので函岳は諦めて、北上することにします。

まずは日本海側の遠別に向かいますが、キャンプ場を出てしばらくすると晴れてきました。快晴です。


遠別から国道232で北上しますが、そのまま国道を走ってもおもしろくないので脇道を走ります。


その先は定番のコース。



稚内を抜け、宗谷丘陵へ。

白い道を走りますが、宗谷丘陵は霧の中でした。



白い道の白いものはこれです


その後、オホーツク海側を南下して今年もやってきました。

エサヌカ線。

なにもない直線が最高です。



そしてクッチャロ湖に到着ですが、この先も天候がよくないので、早い時間ですが今日はここでキャンプすることにしました。

夜10時くらいに釧路方向の空が雷で明るく輝いていましたが、音は聞こえません。相当遠いようです。

当地では明け方3時半ころから激しい雷雨でした。準備は整えていたので大丈夫ですが、他のライダーは大丈夫だったのでしょうか?昨日のキャンパーは全員ライダーでした。

今日は一日中天気が悪く、雷が鳴ったり、晴れたり、雨が降ったり、という一日でした。
スーパー林道で函岳へと考えていたのですが、山は雲の中で見えないのであきらめるしかありません。
明日の天気に期待して連泊です。しかし、明日以降も気圧配置の変化は無さそうです。

ということで、今日は何もしていないので昼食に音威子府蕎麦を食べました。


その後、ピンネシリ温泉に入りゆっくりしています。
天気予報では激しい雷雨の予定なのでタープを張り万全の準備をしていますが、青空も見えて今のところ雨が降る気配はありません。



明日は天気が良ければスーパー林道で函岳に行きます。
上士幌航空公園で一泊したのは、岩間温泉に行くためでした。
天気が心配でしたが曇りのキャンプ場を出発してしばらくすると晴れてきました。
恵山と同じように航空公園も霧がかかりやすい所です。

岩間温泉は前回は行けなかったので今年は是非行きたいと思っていたところです。

三又のこの標識が林道入口の目印で、ここから約12キロ先に目指す温泉があります。



最後に川渡りがありますがなんとか到着です。






キャンプ場に戻り、荷物をまとめて、三国峠を通過し、今日は音威子府の天塩川リバーサイドキャンプ場で1泊です。

ここは無料でキレイに整備されたとてもいいキャンプ場です。

今日は移動日でした。
朝6時に恵山を出発して上士幌航空公園でキャンプです。
今日の移動距離は519キロ。



このキャンプ場もきれいな芝生で人気のキャンプ場です。


今週の北海道はとても涼しくて快適に過ごせます。
走っているときは寒いぐらいです。


明日は天気が悪そうなので思案中です。
朝の9時に函館港着でしたが、バイクは一番最後で、フェリーを降りたのは9時半近くでした。
天気があまり良くないのと、夜通し一気に青森まで走った疲れもあり、今日は朝から谷地頭温泉に入りました。
そして軽く函館を散策し、今日は道の駅恵山で早めのキャンプです。


海辺のきれいな芝の人気のキャンプ場です。もちろん私もお気に入りのキャンプ場です。
今日はゆっくり休んで明日は帯広方面へ向かう予定です。
青森に到着したのは午前4時。
函館行きのフェリーはキャンセル待ちでしたが、バイクも車もガラガラで5時10分のフェリーにすぐに乗れました。

9時に函館着です。
これから青森に向けて出発です。



関東北部は天候が心配です。