CB250RSにアルミスイングアームを取り付ける続きです。

アルミスイングアームは付きましたが、サスペンションをどうするかが問題です。



当初は2本サスのまま、スイングアームにサスマウントを溶接しようと思い、こんなものを用意しました。

20160228001CB250RS.jpg


ホンダのアルミスイングアームからサスマウントを切り取ったものです。

しかし、2本サスのままでは面白くないので、モノサス仕様にします。


スイングアームに合わせてホーネット250のリヤサスペンションを購入。

材料を切り出し、フレーム側のサスマウントを作ります。

20160228002CB250RS.jpg



だいたいの位置を合わせて補強も入れてサスマウントを作りました。

20160228003CB250RS.jpg

20160228004CB250RS.jpg



予め2本サスの時の車高をリアアクスルシャフトの高さで測っておいて、同じ高さになるようにマウント位置を調整して溶接します。

20160228005CB250RS.jpg


20160228006CB250RS.jpg


ちょうどいい位置にサスマウントが付きました。

20160228007CB250RS.jpg

20160228008CB250RS.jpg



元の位置にバッテリーが付かないのでサスの前に移動します。

20160228009CB250RS.jpg



サスペンションができたので、次はリヤホイールを合わせます。


ついでにフレームも塗装します。


CB250RSのスイングアームをアルミスイングアームに交換します。

CB250RS用のアルミスイングアームはウエダレーシング製のものがヤフオクで売っています。
ノーマル車にポン付けですがMyCBはVTR250のホイールを付けているのでウエダレーシングのスイングアームは使いません。
それ以前に値段をみてビックリ!

まあ、普通の人は買わないですね。
中古のCBが4~5台ほど買えます。



CB250RSにアルミのスイングアームを付ける構想はカスタム当初からあったのですが、純正パーツを流用するにしても大掛かりな改造が必要なのでなかなか進みませんでしたが、タンクの改造塗装と同時に、あまりバイクに乗らない冬の時期にやってしまいましょう。

CB250RSはスイングアームの取付形状が一般的なバイクと違いフレームを挟み込むようにスイングアームが付きます。
純正部品を流用するには同じ形状のアルミスイングアームの中から付けられるものを探さなければなりません。

他のメーカーを含めて選択肢はかなり限られてしまいます。



前置きが長くなりましたが比較的簡単に付けられそうなものはこれです。

20160223001CB250RS.jpg


ホーネット250のアルミスイングアーム。

前部が非常に凝った作りでかなり太めですが何とかなりそうです。
アクスルシャフトはVTR250と同じ17mm。



スイングアームを流用するうえで重要なのは取り付け部分の幅とシャフトの径です。

取り付け部分の形状からして、CB250RSのスイングアームより幅が広くなければフレームの外側には収まりません。
ホーネットのスイングアームの取り付け幅はCB250RSより少し広いので取り付け幅はクリアしていますが、外側にも広くなるのでステップの取付に工夫が必応です。

次にシャフトの径はCB250RSが14mmに対してホーネットは15mm。
以前に付けていたVTR250のスイングアームはシャフト径が17mmだったのでアダプターを作ってCB250RSの14mmシャフトを使っていたのだが、14mmから15mmの1mmの差ではアダプターの使用は無理なので、フレーム本体のシャフト穴を15mmに拡大してホーネットの15mmシャフトを使うことにします。


ということで、フレーム単体にして、ボール盤でスイングアームシャフト穴を拡大しました。

20160223002CB250RS.jpg


ステッププレートにもシャフトが通るので、ステッププレートの穴も拡大。
さらにホーネットのスイングアームは幅が広いのでステッププレートのタンデムステップの部分が、スイングアームと干渉するので、ステッププレートを少し外側へ曲げます。

大型のプレスを使用し、慎重に10mmほど外側に曲げました。

20160223003CB250RS.jpg


ステッププレートはアルミの鋳物なので曲げすぎると割れますので注意が必要です。


さらにCB250RSのステッププレートの下の固定部分がホーネットのスイングアームと干渉するのでリューターで削り取ります。

20160223004CB250RS.jpg

写真は下から見たところ。


ここまで加工ができれば内側のカラーの調整でホーネットのアルミスイングアームは付きました。

20160223005CB250RS.jpg

プラサフ乾燥後、一度水研ぎをして薄付けパテで細かい凹凸を修正しました。

予想はしていたのですが、思っていた以上にサンダーの傷が深く、全体的にパテが入りました。
タンクの塗装を剥がすのにはサンドペーパー系のディスクではダメですね。
ナイロン状のディスクが傷少なくていいようです。


20160220001CB250RS.jpg



今回は塗装用に写真のようなタンク用スタンドを作りました。

上塗りは市販のカースプレーを使うので厚塗りすると垂れやすいことを考慮し、360度回転できるようになっています。

この後もう一度プラサフを吹きました。

タンクの塗装は時間がかかります。

ベアリングプーラーでベアリングを抜いてみました。

これは便利!


20160214001.jpg



スルスルとベアリングが抜けてきます。

もう、以前のようにアンカーなんて使っていられないですね。
CB250RSで快適なツーリングをするためにカウルを付けます。

今まで付いているCB400SFのライトカウルは小型でデザインはいいのだが、風防としては全く役に立たず、かえって整流された風が首のあたりに集中するため、気温の低いときはとても寒いのでもう少し機能的なハーフカウルにします。


20160207001CB250RS.jpg

ということで、用意したのはゼルビスのカウルとライトと取り付けのメインステー一式。



カウルは割れた個所をしっかり修理してあり、状態は悪くない。

メインステーは少し歪んでいる。
この手のステー単体で売られているものは、まともなものは無いと覚悟して購入することが肝心です。

なぜなら、コケて曲がって歪んでしまったものを交換したものだからオークションなどで単体で売っているわけで、まともなものであれば取り外す必要はないからです。

購入したメインステーは少しの修正でなんとか元の形に戻すことができました。



取り付けは、このステーをフレームにマウントするためのアダプターをフレームに溶接します。


ネットの画像を参考に、材料を切り出し。ボルトの穴を開けてフレームに溶接。

20160207002CB250RS.jpg


カウル後部のステーはパイプをエンジンマウントに共締めし固定します。

20160207003CB250RS.jpg


ゼルビスは250の割には大柄でカウルが少し大きく、そのままでは膝が干渉するのでCB250RSに合わせて後端を切断して長さを調整してあります。



取り付けのイメージはこんな感じになります。

20160207004CB250RS.jpg



この後はタンクと一緒に塗装します。