以前CB250RSに取り付けたGIVIモノラックキャリアステー。

20160612001CB250RS.jpg


機能としては問題なのですが、少し改良しました。


作ったときは何も考えずにステーの下に取り付け用のブラケットを溶接したのだが、シートやリヤカウルとのバランスが悪い。
ステーの角度が車体に対して上を向きすぎているんです。

どうでも良さそうなことですが、趣味の乗り物ですから全体的なバランスには拘りたいところです。


ということで、ステーの角度を調整するため後ろ側の取り付けステーを切り取り、本体の真ん中に穴を開けました。

20160612002CB250RS.jpg


ただ穴を開けただけでなく、パイプが潰れないように中にはカラーを入れて溶接してあります。

同時に前側の取り付けブラケットにもカラーを溶接しました。
今までは別にカラーを入れていたので、取り付けの時の面倒が無くなります。


取り付けるとこんな感じ。

20160612003CB250RS.jpg


20160612004CB250RS.jpg



シートとステーの角度がピッタリ。

GIVIのCB250RS専用のモノラックがあればこんな感じになるのでしょうか。
ゼルビスカウルのCB250RSのスクリーンを交換しました。

元から付いていたスクリーンはキズと色アセで劣化が激しくひどい状態でした。

どどうせ交換するなら、ツーリング時の快適性をを考慮してロングスクリーンに交換しようと、ゼルビスのロングスクリーンを探したがどこにもありません。

いろいろ探していると、ヨーロッパにゼルビスそっくりなバイクがあることが分かりました。

CB500S

エンジンはパラレルツインですが、外観はゼルビスと同じです。


ということで、オーストリアの通販サイトからCB500S用のMRAロングスクリーンを購入しました。

20160605001CB250RS.jpg


右はノーマル、左がMRAのCB500S用ロングスクリーン。



20160605002CB250RS.jpg


取り付け穴の位置は全く同じで、何の問題もなく着けることができました。

ノーマルに比べてかなり長くなりますので、高速での暴風効果が期待できます。



同時にサイドカバーにCB250RSのロゴシールを張りました。

20160605003CB250RS.jpg