XL400RをXL500Rにするために部品取りに使用したFT500エンジン。

FT500部品取りエンジン

残ったパーツがもったいないので、ないパーツを少しずつ集めて再生してあげましょう。

必要なパーツは
・クランクシャフト
・シリンダー
・カムチェーン
・カムチェーンテンショナー
・カムチェーンガイド
・シリンダースタッドボルト
・フロントバランサーウエイト

これらのパーツがすべてXL400Rに移植されて欠品状態。
さらにセルモーターや細かいパーツがなくなっているので揃えなければならないパーツがまだまだたくさんある。

さらに致命的なのはヘッドカバーのエンジンハンガー取り付け部分が削り取られて無くなっていること。
元はCB250RSに搭載されていたとかで、前所有者が削ってしまったらしい。

FT500ヘッドカバー

エンジン本体にはキックも付けてあるので、XL250のヘッドカバーを使用して手動デコンプ仕様と考えている。

ほとんどのパーツはebayで揃えなければならないので、しばらく時間がかかりそうだが少しずつ進めましょう。
Secret

TrackBackURL
→http://hondaxl.blog.fc2.com/tb.php/1-fe811162