リアスプロケットの交換時期が過ぎていました。

前回、スプロケットとチェーンを交換したのがエンジンを400から500にしたとき。
改めて当時のHPを見てみると、2008年なのでちょうど6年になる。
その間の走行距離は約20000キロ。
AFAMのジュラルミンのスプロケットとしてはこんなものでしょうか?

去年の北海道ツーリング中、チェーンの伸びが多いと思っていたのだが、実際はリアスプロケットが加速度的に磨耗してチェーンが伸びたような状態になっていた模様。


20140608001.jpg
ここまで磨耗が進むとアクセルのオンオフでさらに減っていくんでしょうね。


今回フロントは15Tのまま、リアスプロケットを41T→39Tに変更した。

FT500は標準で40Tだが高速ではもう少しエンジン回転を抑えたいと考え39Tです。
メーカー純正パーツは出ないのでXAMのスプロケットを購入。

フロントの15TはXAMも欠品中で納期が9月ころになるということだったので、ヤフオクで購入。
静岡のバイクショップが出品しているものだが、台湾製で精度よく物はしっかりしていそう。
ebayなどで売っているのはほとんどがこの手のタイプだ。

20140608002.jpg


チェーンはRKのシールチェーンで98リンク。
ヤフオクで切り売りのものを1リンク64円で購入。

20140608003.jpg


XAMのスプロケットはAFAMのゴールドから色が変わり、落ち着いた印象。

20140608004.jpg

これで少しハイギヤードになり、全般的にエンジン回転を抑えられ、燃費もよくなるでしょう。
Secret

TrackBackURL
→http://hondaxl.blog.fc2.com/tb.php/106-549d6e00