CB250RSエアプレーンタイプのタンクキャップの取付と塗装も最終段階です。


タンクの塗装と乾燥までのつなぎとしてアクリルのクリアーで表面を保護しておきましたが、最後の仕上げでウレタンのクリヤーを塗ります。


アクリルのクリヤーが完全に乾燥した状態で、#1500のサンドペーパーで水研ぎして、ホンダのウイングマークを貼りました。
ステッカーはホンダ純正です。


20160319001CB250RS.jpg


表面は艶消し状態ですが、ウレタンクリヤーでコーティングします。

99工房のウレタンクリヤー

20160319002CB250RS.jpg



1回塗りで1本全部使い、かなりの厚塗りです。

20160319003CB250RS.jpg



ウレタンクリヤー2本目でさらに塗り重ねます。

20160319004CB250RS.jpg



今回はタンク塗装用の治具が役に立ちました。

ウレタンクリヤーを塗ったときに、厚塗りしすぎて垂れそうになったところで治具を回転させて垂れを回避できました。



仕上がりはほぼ、プロ並みに仕上がったので、表面を磨く必要はありません。


Secret

TrackBackURL
→http://hondaxl.blog.fc2.com/tb.php/181-b57d8be2