FT仲間が大型免許を取得して、FT400をFT500にするということでYオクでFT500エンジンを購入。

CB250RSに搭載していたエンジンということだったが、写真では頭の上が写っていなかったので、まさか、と思っていたら案の定。

ハンガー部分がバッサリと切り取られている。

20111218001.jpg

CB250RSにFT500エンジンを載せる場合、エンジンハンガー部分がフレームと干渉して載せられないからだ。
そこで、ハンガーをカットするかフレームをカットするかのどちらかとなるのだ。
このタイプのフレームはエンジンハンガーを含めて全体の剛性を保っているので、エンジンハンガーがないとフレームがよじれて危険なのでエンジンハンガーをカットするのはやめましょう。

カムのところのヘッドカバーのネジもだめで、オイル漏れもひどかったようだ。

FT400オーナー様はさっそく米国よりFT500のヘッドカバーを取り寄せていました。


ヘッドカバーを交換するついでにヘッドのオーバーホールをすることになったのでさっそく開けてみます。

20111218002.jpg

20111218003.jpg


カムとロッカーアームがかなり逝ってる。
左側の山は排気側だが、山の立ち上がりの部分が凹んでいるのがわかるだろうか?
この山と組み合わさるロッカーアームの右側はスリッパー面の根元付近がかなり削れている。
普通はこの部分はカムとは当たらないはずだがどうしてこんな状態になったのだろう?

このままではまともに使えないのは一目瞭然。

Yオクの出品時の説明によると、エンジンを下ろすまでは調子よく動いていたとか?

ロッカーアームがここまでひどく削れているとヘッドからはひどい音がしていたはず。

調子がいいわけがない!確信犯です。

まあ、まともな調子のいいエンジンであればわざわざ降ろして売るはずもないでしょうね。


エンジンの内部の仕様は、FT400のピストンでハイコンプ化。
強化バルブスプリングに軽量リテーナー。
ポート研磨と一通りのチューニングが施されているようだ。
カムはノーマルのようだが詳細は不明(もっとも、使い物にならないが)。

しかし、インテーク側のバルブシートの虫食いがひどく圧縮漏れは確実なので予備のヘッドを使うことにする。

セルや腰下に問題がなければいいのだが。

今度の週末にでも積み換えの予定。
Secret

TrackBackURL
→http://hondaxl.blog.fc2.com/tb.php/19-2f8dd8e6