2016.12.19 妄想
CB250RSはフレーム塗装とアルミスイングアームでモノサス化など、一通りのカスタマイズが終了してもう完成か?と思われたが、究極のカスタマイズがまだ残っていた。

現状、エンジンは320㏄で250ベースでは限界の排気量だ。
特別に不満があるわけではないが、まだ上がある。

その昔、よく行われていたエンジン自体をXL500やFT500の物にスワップしてしまう方法だ。
車両重量140Kgと軽量でヒラリヒラリとコーナーをクリアするCB250RSに500㏄のエンジンが載っていたらどうだろう?
エンジン重量が増したとしても、とても魅力的なバイクが出来るのではないか?


実際にやっていた時期がある。
もう25年も前のこと。当時は第2次バイクブームは終焉であったが、上野のバイク街も光輪を中心にまだまだ活気があった。
CB2250RSにFT400のエンジンが小加工で取り付けられるという情報を得、実際にFT400エンジンに換装したCB250RSが雑誌の売りますコーナーに出ているのを見て、小加工でエンジン換装ができるのなら自分でやってみようと思い、FT400のエンジンを雑誌の売買欄で購入してCB400RS-Zを作り、これで北海道ツーリングにも行っていた。
400ccに留まらずFT500エンジンでCB500RS-Zまで作っていた。

FT400エンジンは小加工で簡単に乗せ換えることができたが、FT500エンジンは背が高くフレームとの干渉部分が大きいので加工には苦労した。当時は溶接もできなくて工作のレベルはひどいものだったがフレームを削り、アルミの板を重ねてエンジンハンガーを作りなんとかエンジンを載せて走ることができていた。

しかし、知識やノウハウが少なく、チェーンラインが合っていなかったり前後スプロケットは250のままだったので特別に早く走れるようになった訳ではなかったが、実際500㏄のパワーとトルクはすごかった。

しかし、車検や保険など法律上いろいろと問題があるのでこの車体はその後すべて手放してしまいました。


その後もCB250RSには乗っていたが、以来20数年を経て一時離れていたCB250RSZにまた乗りだし、軽快な走りは健在だったが大型バイクのパワーを知っているだけにやはり250ではパワー不足は顕著である。


320㏄のままでも悪くはないのだが、何処にもない自分だけの特別な一台としてCB500RS-Zはどうだろう?
Secret

TrackBackURL
→http://hondaxl.blog.fc2.com/tb.php/210-c7279cca