FT500エンジンが搭載できたら次はエキパイとマフラーの作成です。

エキパイはSRXの初期型のステンレス製のものを使用します。FT500エンジンには定番になりつつあります。

フランジを一度切り取ってFT500エンジンに合うように短く加工し、エキパイも下向きの角度が合うように切断し溶接します。

20161226001CB250RS.jpg

20161226002CB250RS.jpg

20161226003CB250RS.jpg

ちょうどいい位置に取り付けることができました。

入手したSRXのエキパイは太鼓の部分が集合になっていてこの部分は社外品のようです。

マフラーは何回か作っているので少しうまく作ることができるようになりました。



サイレンサーはドカティモンスターの右側をショート加工します。
最近の大型バイクのサイレンサーはみんな長いのでそのまま取り付けても車体の小さなCB250RSには長すぎるんです。

20161226004CB250RS.jpg


サイレンサーはイメージに合うようなものがなかなか無く、あっても非常に高価なための選択です。
このサイレンサーはヤフオクで捨て値で売ってます。


分解してみるとドカティ―モンスターのサイレンサーはアルミの筒の中にステンレスのサイレンサー本体が入っています。

20161226005CB250RS.jpg

スポット溶接のところで3室に区切られている膨脹型です。


さらに分解して第1室の容量を減らして短くします。

20161226006CB250RS.jpg

パイプの位置を合わせてつなぎ合わせて、アルミの外筒を被せて、IN側パイプを溶接すればサイレンサーは完成です。

20161226007CB250RS.jpg

20161226008CB250RS.jpg



エキパイとサイレンサーができればこれらに合わせて中間パイプを作るだけです。

20161226009CB250RS.jpg


元からあったステーを使用して取り付けたのですが、これは失敗作でした。

サイレンサーが下にあってカッコ悪すぎですね。



少し伸ばしてステーを新設し、レイアウト変更しました。

20161226010CB250RS.jpg

20161226011CB250RS.jpg


さすがにメーカー純正のサイレンサーなので、ショート加工しても静かです。
Secret

TrackBackURL
→http://hondaxl.blog.fc2.com/tb.php/212-2d7b25e7