以前、ブローバイガス垂れ流しの漏れ対策をしたCB250RSだが、ホーネットのスイングアーム換装でモノサス化に伴いブローバイガスセパレーターが着けられないので取り外したまま再びブローバイガスが垂れ流し状態となっていました。

走った後は必ずオイルが滴り落ちているので再びオイルセパレーターを取り付ける対策です。


まずはオイルセパレーター付きのエアクリーナーBOXを用意します。

20170415001CB250RS.jpg


ホンダ レブルのエアクリーナー。


使うのは右に付いているオイルセパレーター。

20170415002CB250RS.jpg

20170415003CB250RS.jpg


ブローバイガスが右から入って左に抜けます。
その際、オイルが下に落ちるような構造になっています。



取付けはバッテリーBOXの下。
ここしか場所はありません。


20170415004CB250RS.jpg


全体像

20170415005CB250RS.jpg


下のホースの中にオイルが溜まります。

20170415006CB250RS.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://hondaxl.blog.fc2.com/tb.php/220-a5868e54