エンジンを降ろし、ヘッドカバーを開けて、ヘッドを外す。


シリンダーを外すと問題のピストンが出てきた。

当初、ピストンリングが折れているのではないかと想像していたが、状況はもっとひどかった。

20111228001.jpg

20111228002.jpg

20111228003.jpg

ピストンの棚が2段とも崩れている。


ピストンピンがなかなか抜けなかったが、スモールエンドは細かな傷はあるがなんとか無事のようだ。

20111228004.jpg


こんなひどい状況だとまともに動くわけないよね。
おそらく、ヘッドからひどい異音が出ているまま乗っていて、ついにはオイルを噴出してエンジンブローで止まったのだろう。

Yオク出品時の説明では、エンジンを降ろすまで普通に動いていたとか?

普通に動くわけないだろう!

こんな状態のジャンクエンジンを売った奴は詐欺だ。




シリンダーには多少傷はあるが、何とか使用できそう。
中古だが、程度のいいノーマルピストンを使用して組みなおす。


完成。
エンジンは一発始動で異音もなく調子いい。

20111228005.jpg

エンジン交換で公認の手続きに入ります。
Secret

TrackBackURL
→http://hondaxl.blog.fc2.com/tb.php/23-148941e8