以前にXL250Rパリダカで使用していたCB250RSエンジン。

20111023001.jpg

エンジン単体で購入してまあまあ調子のいいエンジンだったが、ヘッドから多少カタカタ音がしていたのでヘッドのオーバーホールをした。

カタカタ異音の原因はロッカーアームスリッパー面の荒れ。
ほんの少しだけ浅く削れているところがありました。

ロッカーアームを外して、当たり面をオイルストーンで研磨し、新品のような面になりました。
オイル漏れ対策として、当然ロッカーアームシャフトのOリングも交換。
ヘッドのねじ山も浮いているところがあったのでリコイルで修理。

ついでに、
燃焼室カーボン除去
バルブ鏡面処理
バルブすり合わせ
ポート研磨
と、ひととおりやっておきました。

バルブの当たり面や、当たり巾も問題なくよい状態。

ポートは径を広げるのではなく、段差や鋳造時のデコボコをきれいに削り、空気の流れがスムーズになるよう研磨。

特製エンジンベンチに載せて始動を確認。
電装回路はエンジン始動に最低限必要なシンプルなもの。当然バッテリーもいらない。


静かでいいエンジンです。回転がとても滑らか。


さて、このエンジン、どう活用しましょうか?
Secret

TrackBackURL
→http://hondaxl.blog.fc2.com/tb.php/6-be20037d