一昨年の北海道ツーリングでオイル消費量の多さが発覚したXL500Rパリダカ。
前回は出発前にオイルレベル上限まで入れ、札幌でチェックした時には下限まで減っていたのであわててオイル1リットル購入して補給。北海道を出る時にも残りのオイルをすべて補給し、1リットルすべてを使ってしまうというオイルの消費量だったが今回は最悪です。

出発前は当然オイルレベル上限まで入れて1リットル缶を持って行く。
函館でチェックした時点でオイルレベル下限を下回っていた。大きな要因は高速走行です。
函館でチェックしないで走っていたら札幌まで着けなかったかもしれないという危うさ。
さらに稚内で残りすべてのオイルを補給し、手持ちがなくなったので稚内のホームセンターで1リットル購入。
帰り道もオイルレベルチェック&補給で残ったオイル量は1リットル缶の約2割ほどで、エンジンに入っているオイルはレベルゲージ下限まで減っている。

3470Km走って2リットル近くのオイルを消費というのはひどすぎます。
排気ガスから煙が出るほどではないのだがオイル上がりがかなり激しくなっている。
さらに、一週間後にエンジンをかけようとしてもたまに動くのだが回転が続かない。
キックしていても圧縮が軽いように感じる。
圧縮不足で回転が続かないような症状となっているのでオーバーサイズピストンを入れてシリンダーをボーリングしなければいけなようです。


ということで、エンジン交換の予定で準備しています。
FT500エンジンでセル仕様となる予定。
Secret

TrackBackURL
→http://hondaxl.blog.fc2.com/tb.php/77-12b72dd9