崩壊したピストンを外しますが、ピストンピンとコンロッドスモールエンドまで焼き付いていてなかなか抜けない。
同径のピストンピンを道具になんとか外すが、スモールエンドも焼きついて傷だらけで使用不可能。

さらにピストンの破片が入り込んだのか、左右のクランクベアリングもゴロゴロ音がして使用不可能。

IN側ロッカーアームは完全に削れているので使用不可能。

これらは交換しなければなりません。
20140209001.jpg


ヘッドのオーバーホールのためバルブを外すとIN側バルブが抜けない。

バルブ上端のロッカーアームで押す部分が膨らんでいます。

ロッカーアームとの当たり面もガタガタ。

結局バルブ上端の外周を削って抜くことができた。
20140209002.jpg

IN側バルブは使用不可能。


クランクケースの中にはピストンの細かい破片が散乱しているのですべてのパーツを分解して、洗浄のうえ、再使用できるかチェックする必要があります。
Secret

TrackBackURL
→http://hondaxl.blog.fc2.com/tb.php/92-2a21242e