CB250RSのフロントブレーキパットが限界まで減っていたので交換しました。

20160811001CB250RS.jpg


外側のパットが減っています。

キャリパーサポートのセンターが合っていないようですね。


購入したのは、CB400SF VTEC、CBR954RR、VTR1000SP、CB1300SF共通のパット。


20160811002CB250RS.jpg

20160811003CB250RS.jpg


基本メンテナンスとして、キャリパー清掃とピストンモミ出し清掃。ブレーキフルードも交換。

キャリパーサポートは1㎜のシムでセンターを調整しておきました。
長距離ツーリングには欠かせないサイドBOXとリアキャリアのご紹介です。

長距離キャンプツーリングを快適なものにしようとするとどうしても荷物の量が増えてしまいます。

これまでリヤバックやサイドバックなど、いろいろな収納ツールを試してきましたが、パニアケースとトップBOXの組み合わせが最良ということになります。

パニアとトップのハードケースは収納性や天候などを考慮すると一度使うともうやめられません。
唯一の欠点は横幅が広くなるということ。
雨の時や積み込み性など、その欠点をカバーするメリットは充分にあります。


CB250RSのサイドボックス用ステーです。

サイドBOXステーはXLと同じSWモテック製のものを車種不明ということで用意しました。

20160806001CB250RS.jpg


取り付けは下に伸びる1本をそのまま使用して上と横のステーを切り取り新たに2本をCB250RSに合わせて作製。

20160806002CB250RS.jpg


GIVIモノラックの上に着くようにしました。

20160806003CB250RS.jpg


20160806004CB250RS.jpg



CB250RSのリアキャリアです。

GIVIトップケース用ベースの前後にアルミでストッパーを取り付け、ホームセンターのBOXを載せます。
ホームセンターBOXは収納性抜群ですが、素材が薄いのでゴムロープで縛りつけることになります。
BOXの位置がズレないように前後のストッパーを付けています。

20160806005CB250RS.jpg


20160806006CB250RS.jpg

作製当初はリヤシートの後ろに伸びていましたが、CIVIモノラックキャリアステーは楕円パイプ一本物なので、路面の凹凸でBOXがかなり揺れて強度が心配なのと、重心を集中したいので前後逆に組んでキャリア前半がリアシートに乗るようになっています。
今年はCB250RSで北海道ツーリングの予定を立てているので、当時の貴重なパーツ、エンジンガードを取り付けます。

20160801001CB250RS.jpg


メーカーのオプション品ではありませんが、リアキャリア、サイドBOXと並んでRS発売当時のとても貴重な新品パーツです。

メッキに多少のクスミがありますが35年物新品です。


20160801002CB250RS.jpg



スズキやカワサキなどほかの車種用もあったようですね。



20160801003CB250RS.jpg


20160801004CB250RS.jpg


20160801005CB250RS.jpg

春に交換したばかりで少し早いが、北海道ツーリングに向けてオイルを交換しておきます。


20160731001CB250RS.jpg

いつものように厚目のビニール袋にトイレットペーパー1巻を解いてオイルを吸わせて燃えるゴミに出します。



20160731002CB250RS.jpg


1500Kmくらいの走行だったがあまり汚れてなく粘度も問題ないようでした。
以前CB250RSに取り付けたGIVIモノラックキャリアステー。

20160612001CB250RS.jpg


機能としては問題なのですが、少し改良しました。


作ったときは何も考えずにステーの下に取り付け用のブラケットを溶接したのだが、シートやリヤカウルとのバランスが悪い。
ステーの角度が車体に対して上を向きすぎているんです。

どうでも良さそうなことですが、趣味の乗り物ですから全体的なバランスには拘りたいところです。


ということで、ステーの角度を調整するため後ろ側の取り付けステーを切り取り、本体の真ん中に穴を開けました。

20160612002CB250RS.jpg


ただ穴を開けただけでなく、パイプが潰れないように中にはカラーを入れて溶接してあります。

同時に前側の取り付けブラケットにもカラーを溶接しました。
今までは別にカラーを入れていたので、取り付けの時の面倒が無くなります。


取り付けるとこんな感じ。

20160612003CB250RS.jpg


20160612004CB250RS.jpg



シートとステーの角度がピッタリ。

GIVIのCB250RS専用のモノラックがあればこんな感じになるのでしょうか。
ゼルビスカウルのCB250RSのスクリーンを交換しました。

元から付いていたスクリーンはキズと色アセで劣化が激しくひどい状態でした。

どどうせ交換するなら、ツーリング時の快適性をを考慮してロングスクリーンに交換しようと、ゼルビスのロングスクリーンを探したがどこにもありません。

いろいろ探していると、ヨーロッパにゼルビスそっくりなバイクがあることが分かりました。

CB500S

エンジンはパラレルツインですが、外観はゼルビスと同じです。


ということで、オーストリアの通販サイトからCB500S用のMRAロングスクリーンを購入しました。

20160605001CB250RS.jpg


右はノーマル、左がMRAのCB500S用ロングスクリーン。



20160605002CB250RS.jpg


取り付け穴の位置は全く同じで、何の問題もなく着けることができました。

ノーマルに比べてかなり長くなりますので、高速での暴風効果が期待できます。



同時にサイドカバーにCB250RSのロゴシールを張りました。

20160605003CB250RS.jpg

エアプレーンタイプのキャップを取り付けたCB250RSのガソリンタンクだが、容量がかなり減ってしまった。

キャップを収める分、給油口がタンク上面から大きく下がっているためだ。

20160528001CB250RS.jpg


満タンで約250Kmの走行でリザーブになってしまう。
給油すると7ℓくらいしか入らないので、約2ℓくらい容量が減っているようです。

ツーリングでは300Kmくらいは走れるのであまり問題ではありません。

デザイン優先のメリットとデメリットがあるということですね。
CB250RSモノサス仕様が完成してから300Kmほど走りました。

リヤサスペンションは予想以上によく動き、路面の状況が伝わってきます。
今のところ問題は無いようです。



CB250RSのカスタマイズも最後になりました。

カウル類の塗装も終わり、保安部品を取り付けて完成です。

20160416001CB250RS.jpg


20160416002CB250RS.jpg

タンクのウイングマークが隠れちゃいました。



20160416003CB250RS.jpg


前から見るとゼルビスです。



20160416004CB250RS.jpg


タンクキャップを付けると。


20160416005CB250RS.jpg


メーターはVT250です。


20160416006CB250RS.jpg



改造中のCB250RSも最後の仕上げです。


チェーンラインを確認したところ、リヤホイール側で+11mmと大きくズレています。

ホイールと車体のセンターは合わせてあるので、以前VTR250のスイングアームを付けていたときは、チェーンラインは合っていたのでホイールセンターがズレていたということになりますね。


とにかくチェーンラインは合わせなければなりませんので、あれこれ思案していたところ、ガレージの中でハブを見つけました。

20160410001CB250RS.jpg

左が以前から持っていたハブ。

XL系のハブだがXLかXLRかどちらかのもので詳細は不明です。

スプロケット取り付け面はVTR250と同じでダンパーに入る部分も同寸法だったので、各部を計測してみるとチェーンラインは-6mmになるので6mmのスペーサーを入れればチェーンラインは合わせられそうです。



3mmワッシャー2枚を入れてスプロケットを取り付け、チェンも付きました。

20160410002CB250RS.jpg


スイングアームが長くなっているので、今まで使っていたチェーンは使えません。
チェーンは106リンクになりました。

20160410003CB250RS.jpg


電装品を取り付け、ライト、メーター、タンク、シートを付けるとこんな感じになります。

20160410004CB250S.jpg